FC2ブログ

みつぐの ものづくりライフ

ボカロやDAWを使った曲作りを中心にモノ作りの楽しさを紹介します。他にガンプラ、革細工、料理など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ポークジンジャー』1/歌詞

御無沙汰です。

仕事の都合で少しの間、音楽から離れてました。

これからはまた曲作りとブログも頑張っていきます。


しばらく時間が開いたので、
前回までの曲『雨音の唄』は一旦休止させてもらって
新しい曲でブログを再開したいと思います。

『雨音の唄』は個人的に好きな曲なので
いつか必ず完成させます。


 今回の曲『ポークジンジャー』の歌詞は、仕事中に思いついたものです。調理関係の仕事をしている人間が、ちょっとした思いつきで書いた詞です。なので何の芸術性もありません。ただ単に料理のレシピを歌詞にしただけのものです。でも、僕なりにこの曲(歌詞)に込めたメッセージはあります。あえて言いませんが、完成した曲を聴いた時に何か感じてもらえたらと思っています。

 題材にポークジンジャー(豚肉の生姜焼き)を選んだ理由は、僕はこの料理を嫌いという声を聞いたことが無いからです。それに食材はどこのスーパーマーケットでも揃えることができて、なにより作るのが簡単というのもあります。“豚肉の生姜焼き”はこれから料理を始めようという人にはうってつけな料理なのです。

 ちょっと話は外れますが、もし女子力を上げるためにこれから料理を始めようという女性がいるなら“肉じゃが”は避けた方がいいです。“肉じゃが”は家庭的なイメージはありますが、“肉じゃが”が苦手という男は結構多いです。“芋・栗・南京”といわれるホクホクした食材は、女性ほど男性は好きではないからです。それと、もっと話はズレますが、男性にも忠告しておきます。得意料理を聞いて「肉じゃがです。」と答える女性は、たいてい普段料理をしてない女性です。騙されないで下さい。数ある煮物の中でも“肉じゃが”は相当難しい料理です。ジャガイモが煮崩れないように、丁度いい味のしみ加減で仕上げるのは至難のわざといってもいいでしょう。そんな難易度の高い“肉じゃが”を上手に作れるなら、間違いなく他の煮物も上手く作れるはずです。ですから本当に“肉じゃが”が上手く作れて普段から料理を作っている人だったら、得意な料理と聞かれたとき「煮物系」とか「和食」と答えるはずです。「肉じゃが」とピンポイントで答えてしまう女性は疑ってかかったほうがいいです。

 話が“肉じゃが”になってしまったので本題に戻します。

 下にあるのが、これから作っていく曲『ポークジンジャー』の歌詞です。


ポークジンジャー

料理は段取りよ たれを作っておくの
しょうゆ、みりん、砂糖、お酒を合わせてね
そしておろし生姜 たれに入れておくの
面倒というなら チューブでもいいわよ

豚ロース肉 下味つけて
塩を少々 かけすぎちゃだめよ
豚ロース肉 片栗粉まぶす
薄くでいいの 余分は叩いて

※ポークジンジャー ご飯がすすむわ
キャベツの千切り 忘れないでね

フライパンは強火 お肉を並べてね
すぐに裏返して 焦がしたら台無し
焼き色がついたら たれを入れてあげて
Hurry up! Hurry up! 時間が勝負なの

豚ロース肉 たれがからんで
照りもでてきた さぁ出来上がりよ

※ポークジンジャー ビールもいいわね
 トマトの挿し色 結構大事よ

男子はみんな 好きって聞いたわ
お気に召したら また作ってあげる

※繰り返し


『ポークジンジャー』の制作過程はこちらでご覧いただけます。
スポンサーサイト

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。