FC2ブログ

みつぐの ものづくりライフ

ボカロやDAWを使った曲作りを中心にモノ作りの楽しさを紹介します。他にガンプラ、革細工、料理など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単!フィギュアの作り方 8


 フィギュア作りの続きです。もうほとんど出来上がっています。後は前髪を作るだけです。おでこ剥き出し状態になっている頭に、別パーツで前髪を作ります。石粉粘土のフィギュア作りで分割できるパーツを作るのは簡単です。以前に、乾いた石粉粘土の上に新しい粘土を盛ってもすぐに剥がれてしまうという説明をしましたが、逆にそれを利用します。完全に乾いている額部分に粘土を盛り付けて乾燥させます。盛り付けた粘土が固まるとその部分がパカっと簡単に外れるので、外したパーツをカッターナイフと紙やすりで前髪の形に削ってやります。

フィギュア髪型01

 あとは塗装してから額部分に前髪パーツを接着します。石粉粘土同士の接着には木工用ボンドが有効です。

 これで一応フィギュアの造形は終わりです。この後、塗装をして完成となります。

フィギュア完成01


 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。
ボカロ ボカロ曲 巡音ルカ 初音ミク 作曲

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

風邪かな?


このところ微熱が続いていてちょっと調子悪いです。

風邪でもひいたかな?

仕事を休むほどでもないので
無理しない程度に頑張ってますが…。

いつものどの痛みや関節痛などの症状が出始めて、
何日か経ってから「もしかして?」とようやく熱を測りだします。

毎回気がつくのが遅いので無駄に病状を悪化させています。


ところで『アウトブレイク』の歌詞がようやく全て書き上がりました。

数日中には完成曲を披露できると思います。

こんな調子なので無理しないように
曲作りの方も進めていきます。

ボカロ ボカロ曲 巡音ルカ 初音ミク 作曲


『アウトブレイク』6/歌詞


 一向に歌詞が書き上がりませんが、とりあえず1コーラス目の詞は出来ているのでボカロで歌入れしてUPします。

 サビの英語の部分は、英語入力ではなく日本語で入力しています。というのも、“VOCALOID2巡音ルカ”には英語音声データが付いていますが、“VOCALOID3初音ミクV3”には付いてなかったので仕方なく初音ミクに合わせて巡音ルカの方も日本語で入力しました。“初音ミクV3バンドル”っていう方には英語音声データが付いていたみたいですけど、その事を知らずに“初音ミクV3”を買ってしまったので今になって後悔しています。何でも良く調べてから買い物しないと駄目ですね。というわけで、いわゆるカタカナ英語というやつになってしまいましたが、かえってこっちの方が良かったかもしれません。あまり発音の良い英語が日本語の歌に入るとやっぱり違和感が出ちゃいますから。

 『アウトブレイク』の1コーラス目の歌詞は次の通りです。


アウトブレイク(1コーラス目)

わたし気づいてたわ 隠したってダメよ
あんたも彼のこと 狙っているんでしょ


やっと見つけたのよ わたしの理想の人
たとえあなたでも これだけは譲れない


似合わないわよ、彼とあんた
そんな事どうでもいいでしょ
同じ人を好きになるなんて
何でなの 何でなの
ありえないわ


Outbreak of love battle
抜け駆けはなしよ
負けられないわ
勝負はこれから
Outbreak of love battle
恨みっこなしよ
この恋だけは
誰にも邪魔はさせない

※ 初音ミク・パート(赤) 巡音ルカ・パート(青)


[広告] VPS

 『アウトブレイク』の制作過程はこちらでご覧いただけます。
ボカロ ボカロ曲 巡音ルカ 初音ミク 作曲 楽譜

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

簡単!フィギュアの作り方 7


 服のモールドが彫り終わったところで肩の関節を固定させます。ベースを抱えさせて腕の角度が決まったら関節部分に石粉粘土を盛っていきます。やはりここも2~3回に分けて粘土を盛りつけます。粘土が完全に固まったら紙やすりで整形してやります。

フィギュア・モールド03

 次は髪を作っていきます。前髪は別パーツで作るので、今回先に後ろ髪を作りました。頭のパーツに直接石粉粘土を盛っていって髪の形を作ります。こちらも何回かに分けて粘土を盛ってボリュームを出していきます。フィギュア作りも曲作りも地道な作業が多くて根気が必要です。その分、完成した時の喜びは何ものにも代えられません。

 ここまで来たら足首の関節を固定させます。どうして最後まで足首を固定させなかったかというと、服のモールドや髪を作っているうちにフィギュアの重心が変わってしまって自立しなくなってしまう事があるからです(わりとよくある失敗です)。なので最後に重心の調整が出来るように足首の関節はギリギリの段階まで動かせるようにしていました。

フィギュア・モールド04


 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。
ボカロ ボカロ曲 巡音ルカ 初音ミク 作曲



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『アウトブレイク』5/ギター2


 2つ目のギター・パートが出来ました。さっそくUPします。リードギターのパートになります。音色はディストーションをかけたタイプの歪みギター音です。Aメロは前のギターと全く同じリズムですが、前のギターが3音アルペジオだったのに対して今回のギターは2音アルペジオ(2音でアルペジオというのだろうか?)です。Bメロでは違うパターンのアルペジオ、サビは前のギターとのユニゾンをベースにしたリードギター・リフとなっています。

 今回からイントロ部分も加わっています。

[広告] VPS


 これで『アウトブレイク』の楽器パートが全て揃いましたが、歌詞がまだ出来上がっていません。一番最初に取りかかったのが作詞なのに…。



 『アウトブレイク』の制作過程はこちらでご覧いただけます。
ボカロ ボカロ曲 巡音ルカ 初音ミク 楽譜 動画

テーマ:DTM - ジャンル:音楽

簡単!フィギュアの作り方 6


 今回は目のモールドをいれていきます。左右対称になるよう注意しながら、目の形を鉛筆で描きます。描いた目の形に沿って千枚通しなどで慎重になぞっていきます。何度か繰り返してある程度の深さの溝が彫れたら(左画像の左目)、その内側を削って眼球の形を出していきます。(左画像の右目)。

フィギュア顔04

 次は口です。口のラインを彫って、唇の部分に少量の石粉粘土を盛りつけます。乾燥後にカッターナイフや紙やすりで整形して終わりです(右画像)。あとは同じ要領で眉や耳などのモールドを入れていくだけです。フィギュアの顔の作り方はこれで終了です。


 自分のフィギュアのほうは、服のモールドを彫り終えたところです。

フィギュア・モールド02


 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。


ボカロ ボカロ曲 初音ミク 巡音ルカ 氷山キヨテル オリジナル

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『アウトブレイク』4/ドラム


 ドラム・パートが出来たのでUPします。前回のベース・パートに合わせる感じでドラムパターンを組みました。これもまた懐かしい感じのロック・パターンです。

[広告] VPS


 今回のボカロ曲『アウトブレイク』は、バンドを意識したロック色の強い楽曲にしたいと思っています。オルガンなんかのキーボードぐらいは入れようかと予定していましたが、それも今回はやめようと思います。ギターとベースとドラムのシンプルな編成で行きます。打ち込みでこのシンプルさは心配なところもありますが、たまには初心に返ってこういった曲も書いていきたいです。

 パートとしては、あとリードギターのパートだけです。今、取りかかっているところです。それと歌詞がまだ半分ぐらいしか書けていないので、そちらも頑張っています。ちなみに、メロディの紹介の時の初音ミクと巡音ルカのボーカルの割り振りが入れかわります。巡音ルカのパートからではなく初音ミクから始まる形になります。それと初音ミクの声も、V3のボイス“ORIGINAL”から“SOLID”に変えようと思っています。


 『アウトブレイク』の制作過程はこちらでご覧いただけます。



ボカロ ボカロ曲 初音ミク 巡音ルカ 氷山キヨテル オリジナル

テーマ:DTM - ジャンル:音楽

『アウトブレイク』3/ベース


 ベースのパートが出来ました。今回はベースも典型的な8ビート・フレーズの組み合わせです。何か懐かしい感じがしてこの手のベースは大好きです。ついついベースを抱えて弾きはじめたくなるフレーズです。

 ベースラインが分かりやすいように、今回だけオクターブ上の音を重ねてあります。


[広告] VPS

 『アウトブレイク』の制作過程はこちらでご覧いただけます。


ボカロ ボカロ曲 初音ミク 巡音ルカ 氷山キヨテル オリジナル

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

簡単!フィギュアの作り方 5


 今回は顔を作っていきました。

フィギュア顔01

 といってもダンゴっ鼻付けて目の点々を彫って終わりです。今作っているフィギュアはデフォルメされすぎていてフィギュア作りの説明にならないので、今回のフィギュアとは別にアニメキャラ風の頭を一つ作ってみました。

 どんなタイプのフィギュアでも工程は同じです。まずボール状のもの(頭)を作って、それに顔部分(額・頬・顎など)の肉付けをしていきます。

フィギュア顔02

 ここまで出来たら紙やすりなどをかけて一旦整形します。そして目・鼻・口の位置を鉛筆で描いておきます。次は鼻を付けます。鼻の位置に少し多めに石粉粘土を盛って、乾いたらカッターナイフ(デザインナイフやアートナイフというのが使いやすい)などで削って鼻の形を出していきます。

フィギュア顔03



 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。


ボカロ ボカロ曲 初音ミク 巡音ルカ 氷山キヨテル オリジナル

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『アウトブレイク』2/メロディ


 メロディが出来たのでUPします。出来上がったメロディをボカロで歌入れしました。これまでに書いた通り今回の曲は巡音ルカと初音ミクでのツインボーカルです。ただ、歌詞がまだ書き上がっていないので、ハミングでの歌入れとなっています。

 Aメロ前半は巡音ルカ、後半は初音ミクのボーカルです。Bメロでは巡音ルカがメインで1フレーズだけ初音ミクのパートが入り込んでいます。これらは2コーラス目では逆になる予定です。Cメロ(サビ)では二人で同じメロディを歌っていますが、せっかく二人でのボーカルなのでどちらかをハーモニー(ハモり)・パートに変えようかと思っています。

 動画の楽譜を見て「あれ?」と思った人もいると思います。この曲はFメジャーなので本来調子記号には♭が1つなのですが、この曲では3つ付いています。つまりE♭メジャー(Cマイナー)のスケールでFメジャーの曲を書いています。もちろんE♭メジャーのスケールをそのまま使ったのでは変な響きが連発するので、コードの構成音は優先してそれ以外の音はE♭メジャーの音を使うという感じです。こうする事でFメジャーのメロディも部分的にFマイナーの流れが出来て、メジャー(明るい)だけど少しマイナー(暗い)というメロディラインが出来上がります。音楽理論的にどういう手法なのかちゃんと説明できませんが、STING(元THE POLICE)がやっていたのを見つけてそれ以来僕も真似しています。これまでの曲でも時々やっていました。実際の調子記号よりも♭や#を1つ2つ増えたり減ったりさせています。ちゃんと音楽の勉強していないので、こういう所をうまく説明できないのが申し訳ないです。

 前回のギター・パートですが、サビ前の1小節部分だけ変更しています。テンポも速くなりました。


[広告] VPS

 『アウトブレイク』の制作過程はこちらでご覧いただけます。


テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

簡単!フィギュアの作り方 4


フィギュア肉付け04


 関節部分の肉付けも終わり、だんだん人らしい形になってきました。次は衣服のモールド(服の凸凹)を加えていきます。Tシャツの袖やベルトとバックル、服のしわなどの部分に石粉粘土を盛って固まったらカッターナイフや紙やすりなどで削って形を出していきます。また、粘土の表面にスジ(溝)を彫りたい場合は、千枚通しや押しピンのような先の尖ったものを使い、線を引く要領で少しずつ彫っていくようにします。


フィギュア・モールド01


 衣服のモールドを7割ぐらい入れた状態です。粘土の色が白いので画像ではわかりづらいですね。



 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『アウトブレイク』1/ギター1&コード進行


 いよいよ新曲の制作に取りかかりました。今度の曲のタイトルは『アウトブレイク』です。このブログでは21曲目(ボカロ曲としては13曲目)になります。今回は初心に戻ってロック色の強い8ビートの曲にしようと思っています。

 まだ歌詞は書き上がっていません。もうしばらくかかりそうなので、とりあえずコード進行を決めて曲作りを進めていきます。ちなみに詞の内容は、同じ人を好きになってしまった二人の女性を主人公にしたものです。だから今回は初音ミクと巡音ルカのツインボーカルでいきます。二人の掛け合いの形で始まって、サビは一緒に…というありがちな展開です。初音ミクと巡音ルカ、それぞれの声からイメージしたキャラクターで詞を書き分けようとしているので、僕にとって今回の作詞はいつも以上に大変です。本当に作詞の作業は辛い。正直言って大嫌いです。

 今回の曲のコード進行は次の通りです。

A |F7  Am7/E |Gm7/D C7  | F7  Am7/E |Gm7/D C7  |
  | F7  Am7/E |Gm7/D C7  | F7  Am7/E |Gm7/D C7  |
A´| F7  Am7/E |Gm7/D C7  | F7  Am7/E |Gm7/D C7  |
  | F7  Am7/E |Gm7/D C7  | F7  Am7/E |Dm7  D7  |
B |Gm7      |Am7      |F7       |B♭7     |
  |E♭7      |F7       |Gm7      |G7      |C7    |
C |F7  E♭7  |B♭7 C7  | F7  E♭7  |B♭7 C7  |
  |F7  E♭7  |B♭7 C7  | F7  E♭7  |B♭7 C7  |
  |F7  E♭7  |B♭7 C7  | F7  E♭7  |B♭7 C7  |
  |F7  E♭7  |B♭7 C7  | F7  E♭7  |B♭7 C7  |


 僕としては珍しくギター・パートから作り始めています。というよりも今回はギターのフレーズを考えながらコード進行を決めていったので当然の話です。やはりロックはギターがメインなので、この作り方が一番やりやすいです。僕も昔はこんな感じで曲を書いていました。当時は今のようなDAWが無かったので(音楽制作専用コンピュータなるものはあったけど大変高価な物でした)、一生懸命ギターやベースのフレーズを練習してMTR(マルチ・トラック・レコーダー)という機材を使いカセットテープに録音を重ねていったものです。そして、ドラム・パートはリズムマシーン、キーボードのパートはシーケンサー内蔵のシンセサイザーにそれぞれ打ち込んで、全てのパートをMIDIでシンクロ(同期)させて一曲を作り上げていました。懐かしい話です。

 さて、ギター・パートについてですが、今回のギターはサイドギターにあたるもので音色はオーバードライブで歪ませた感じのギター音です。よくあるギター・フレーズの組み合わせで、典型的な8ビート・パターンです。


[広告] VPS

 『アウトブレイク』の制作過程はこちらでご覧いただけます。


テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

簡単!フィギュアの作り方 3


 前回までのボディに、さらに肉付け(粘土盛り)をしました。石粉粘土を重ね盛りする時のポイントですが、乾いた状態の粘土に新しい粘土を盛ってもすぐに剥がれてしまうので、水をつけた指などで粘土の表面を撫でて少し湿らせてから新しい粘土を盛るようにします。

 腕と脚が目指す太さにまで達したので、ここでようやくポーズをつけます。

フィギュア・ポーズ01

 このフィギュアが抱えているベースギターは食玩のミニチュア(1/12)です。ずいぶん前に手に入れたものです。

 ポーズが決まったら、関節部分にも粘土を盛ってポーズを固定します。この場合も少しずつ粘土を盛っていきます。まだこの段階では肩と足首は動かせる状態にしておきます。

フィギュア肉付け03

 頭部も、ボール状だったものに顔の部分(額や顎など)を盛り付けて人間の頭らしい形にしていきます。



 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

簡単!フィギュアの作り方 2


 前回作った骨組みに石粉粘土を盛り付けていきます。本来は骨組みの段階でフィギュアのポーズをつけて粘土を盛っていくのですが、僕の場合は先に粘土を盛っていきます。針金の骨組みにポーズをつけてもいまいちイメージしにくいですし、途中で「あっ、膝の関節の角度が違う!」とかなったら修正するのが大変だからです。その為、画像のように頭・胸・太腿・脛…といったように体のパーツごとに粘土を盛っていって、関節部分は針金のままにしておきます。

フィギュア肉付け01

 そうすればギリギリの段階までポーズの微調整が出来ます。また、脇の周辺や内腿のような狭くて作業しにくい部分も、関節が広げられるので楽に作業できます。ちなみに頭部は本体とは別にして作っています。これも後々の作業をしやすくするためです。

 粘土を盛る時のコツは “少しずつ”です。一気に大量の粘土を盛ってしまうとなかなか固まってくれません。一見、乾燥して固まっているように見えても中心部はまだ柔らかいままになっています。おまけに、石粉粘土は水分が蒸発して硬化するものなので、水分が無くなった分粘土は小さくなります。粘土の量が多ければ多いほど硬化後の変形は大きくなります。せっかく綺麗に作って何日もかけて乾燥させて、出来上がったら所々凹んでいるという結果になってしまいます。なので、粘土を少し盛って完全に乾いたら次を盛るといったように、徐々に太らせていく要領で肉付け(粘土盛り)をしていきます。結構、地道な作業の繰り返しです。

フィギュア肉付け02

 ちなみに上の画像までで3回肉付けの作業を繰り返しています。まだこの作業は続きますが、今回はここまでにします。


 これまでのフィギュアの制作過程はこちらでご覧いただけます。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。